VOLVO Banner

Parking Open3

ブログ村

  • ブログ村
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

鶴岡八幡宮へ


 一月最後の日曜日。今日を逃すと二月になってしまう。初詣はせめて一月中にしたい

 朝から掃除して、買い物して、洗濯物干して・・・・10時半に家を出られた

 いつものコースで海に向かう。ちょうどお昼に海老名の珈琲インに着いた。ナポリタンとハワイアンコナを注文して満腹に

 134号線に出ていつもの辻堂公園を通り過ぎて江ノ島水族館前を通り過ぎ

Dsc06882

 5℃位の外気温の中海につかっている人達を横目に車の暖房が効くことに感謝


Dsc06902


Dsc06885

 今日は江ノ電の上り下り両方とも写真に納めた

Dsc06893


Dsc06897

 毎度のことながらこの辺はいつもの渋滞由比ヶ浜を眺めればもうじき鎌倉

Dsc06900


 八幡宮の参道の鳥居


Dsc06903


Dsc06908


Dsc06912

 砂利道の長い参道は歩かないので写真に納めといた。車はいつもの上宮のほぼ横にある駐車場へ入れる。2時間千円だけれど、三時過ぎているので何時間停めてもいいよと言うけれど、それほど用事は無い

Dsc06913


Dsc06914

 ものの10分でお参りも終わり帰路へ。

 なんと雪が降ってきた。かなりふぶいてる

Dsc06921

 夕暮れの中富士山は雲の中でした


Dsc06922

2011年1月24日 (月)

855 静音計画


 巷で流行っている

 特殊制振合金を使ったワッシャーを入れてみた

 取合えずフロント側の2か所、都合6枚使用。ちゃちゃっと30分掛からないで出来たので・・・・・

 走ってみたけれど・・・どう?・・・

 精神的に静かになったような、      気もする。    かな。

 一時、高速の長距離を走った時にアクセルペダルを踏む右足に痺れが残るくらい、振動が来ていた時が有ったので、高速を走った時のお楽しみだ。

 ただし、特殊制振合金を使ったワッシャーは工業的にも使われているのでそれなりの効果は上がっているものと考える。ただ、体が年と共に鈍感に成っているので、気が付くのが2~3日後だね


Dsc06844


Dsc06858


Dsc06860


Dsc06862


2011年1月16日 (日)

855 スモールランプ消し忘れ警告音装置

 古い車ゆえ、こう言った装置がついていない。つい最近夕方薄暮の時間スモールランプを点けて走り、コンビニへ寄った時消し忘れ

 VOLVOのキーOFFとライトの関係は面白くて、ライトを点けたままキーOFFでライトおよび室内のイルミネーションは全て消える

 スモールランプ点けたままのキーOFFは全て点いたまま、これでバッテリーが上がる

 今年の正月はブレーキパッドが残りわずかだったのでおとなしく家に居たので構想を練り、部品を集めた

 リレーとブザーはイエローハットで普通に売っていた

 エーモンの製品で、取り説解説集も同じ売り場にあったので貰ってきて他のこともお勉強

 電源は、カーオーディオの配線から、ACC電源とアース線、同じくイルミの配線も有ったので取ったけれどスターターのキーをOFFにするとこのイルミ配線もOFFになるためあえなく頓挫、残念

 カーオーディオは社外品を使っているので、配線図を元に割り込む線を確認

 Haynes Repair Manual と格闘すること1週間

 配線図をにらめっこして、ライトのスイッチの配線に割り込んで運転席の範囲で取付け作業を済ませた

 ま、単にボンネットやリアのランプ配線から持って来るのがめんどくさかったからでした

 イルミの配線はスイッチユニットの2番の表示のある白線がスモールONの配線

 これで、必要な入出力の配線の確保が出来た

 今回のセットのブザー音は今一だが警告音なんでこんなものかなと・・・・

Dsc06829


Dsc06805


Dsc06820


Dsc06821


Dsc06828


Dsc06824

2011年1月15日 (土)

梅の花

 入間公園で満開に近い状態で咲いていた

 もうそんな時期だっけ


Dsc06800


2011年1月 9日 (日)

855 リアブレーキパッド交換

 昨年暮れのカムポジションセンサーの故障によるエンストから立ち直ったかのように思えたが、ブレーキを掛けた時に違和感があった

 右リアタイヤを外してブレーキパッドを確認すると残り、2~3mm程度(内側パッド)

 フロントは覗き込む限りでは、まだ十分に厚さがあった

 右リアのキャリパーをリビルト品に交換したことを思い出した。この時はピストンが戻らず引きずっていた

 今日は四輪ともにタイヤを外してパッドを点検。右リア以外は正常の厚さがあった

 今回は前後四輪分のパッドを用意したけれど、後輪側のみの交換にした(寒いから)

 後輪はタイヤを外したら、パッドを固定しているピンを2本抜けば簡単に外せる。新品を挿入するときはピストンがディスク側に出てきているので、古いパッドをピストンに当ててディスクと古いパッドの間にドライバーを入れて、てこの原理でじんわりと押し戻す

 前回のパッドの交換は 東京パーツ・・・・・・とかいう所でしてもらったが都合3回交換した。泣きがひどくて精神に異常をきたすほどだった。

 ディルセルのプレミアムは裏にシムの形をしたものが張り付いている。これだけでもいいような気がするが、元々入っていた、半分の形状のシムも入れておいた。ボルボの純正品はダストが多くてホイールの汚れが酷い。
 なるべくダストの少ないパッドを取り付ける様にしている。(洗車が楽

 東京パ・・・にはグリスがついていなかったので、大阪のブレーキ・・・でパッドは購入した。

 厚く塗ってはいけないらしいので、指で薄く伸ばした。パッドの背面側と半分形状のシムを貼り付けてピストンが当たる面。

 当然のことだけれどディスクがある側には塗らない。

 自宅周辺を走ったけれど泣きは無かった。(プロの工場よりも腕がいいかも~

 後は、ネットを色々見ていたら、ディスク面に紙やすり(#80)を掛けてパッドのかすを取るといいとあったので、掛けて見た。自宅に有ったのは紙やすりの#180だけどあんまり変わらんでしょう。


 暮れのエンスト修理と今回のパッド交換を自分ですることで浮いた整備料で思い切って、ジャッキと馬を購入。
 おもちゃのようなチッチャナ物だけれど2tの耐荷重表示が有るので信用してみた。
 普通に使える代物だった


Dsc06744


Dsc06764


Dsc06765


Dsc06767


Dsc06768


Dsc06770


Dsc06771


Dsc06773


Dsc06778


Dsc06779


Dsc06780


Dsc06781


Dsc06782


Dsc06783


Dsc06784

2011年1月 1日 (土)

2011年元旦


 新年の初日の出をベランダから拝んで一年の幸せを祈る

 恒例に成っている七福神巡りを今年も約四時間かけて行った

 もうくたくた


Dsc06716


Dsc06725


Dsc06727


Dsc06729


Dsc06732


Dsc06733


Dsc06734


Dsc06737

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »