VOLVO Banner

Parking Open3

ブログ村

  • ブログ村
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

フォグランプ、HID 3000ケロリンへ換装

 VOLVO850のフォグは暗い

 で、先日購入したHID3000K、細工を施しやっとこさフォグのハウジングに投入

Dsc00552


 台風が来ているので、今日中に取り付けたい

 ジャッキアップするほどではないので、手製のスロープに乗せて作業開始

Dsc00555

 バンパーカバーは、下側の塗装された部分と梨地の上側部分に分かれる、下側部分は単独で外せる

 全部外す必要があるのでばらさずに一体で外す

 まずは、タイヤハウス内のリベット4箇所を切り取る(全開切り取った後中空部分にアンカーできるネジに変更している)


Dsc00556

 次に、フォグの横のダクトの上側に付いてる、トルクスのネジを2個(左右で4個)を外す


Dsc00557


Dsc00565

 ダクトカバーは外さなくても下にもぐりこめば作業できる
 次に、ナンバープレートの裏側に3箇所外す

Dsc00558

 ここで、ナンバープレートの取付け枠を外せば、下側塗装部分は、外せる。ただし、上側部分との接合箇所にはめ込んであるので相当根性を入れて引き抜かないと外せない。


Dsc00574


Dsc00575

 この写真は、一体で外した後、取付けの時に分離した物

 下側のネジを外した後は、ヘッドライトワイパーとライト下のカバーを外す


Dsc00568


 カバーの影に隠れている、ネジ2本(左右で4本)を外す

Dsc00569

 次に中央部分の4箇所を外す


Dsc00567

 一体で外すときの難関、M10の六角ネジ、タイヤハウスのリベット位置から前方向に10cmほど行ったところに有る、上側の梨地のバンパーを固定しているネジ


Dsc00570

 これを左右2箇所外せば、バンパーカバーを前方向に引き抜けば外れる

 で、さくさくとフォグを取付け、バラストはテックスビスでコアサポート(プラスチック?)に固定する


Dsc00577

 配線カバーを付けて、綺麗にまとめて、フォグの取付け完了


Dsc00578


Dsc00580

 上下をばらして取り付ける訳は、M10のボルトを取り付けやすくするため


Dsc00582


 で、ばらした上側を付けてから下側を取り付けておしまい

 3000ケロリンのインプレは、うーーーん、今一。もう少し上向きに付けたいけれどバンパーに当たって無理

 本当の足元を照らしている状態、雨の日に効果が出れば良いけれど

2012年9月25日 (火)

我が町の安全は他人任せ?


 調布市内の安全を春日部から来て守っています

Dsc00513


2012年9月22日 (土)

HID KIT 6000Kから8000K へ


 こんなに安くていいの?と言うほど安くなった

 3200円でポン付けのキットが買える。そして、暗い夜道でも安全に走れる

 昔の電球の球でも、この位の値段がしていたと思う

 現在使用中のも中華製だけれど、安定した品質が有ると思う。今回の購入は予防的なもので、切れる前に買っておこう位の話。安かったから、フォグも入れ替えてみる。レガシーのフォグは結構明るかったけれど、VOLVOのはいまいち

 Dsc00506


Dsc00507


Dsc00508

 さて、いつ手を付けるかな

2012年9月17日 (月)

ほったらかしの湯 帰路


 カラスの行水で、700円。 高い、コインパーキングみたいに時間制にして欲しいね

 で、駐車場で見つけた、勝手にお友達

Dsc00475


Dsc00478

 始めてみた大きさのキャンピングカー、でかい


Dsc00480

 で、お土産(桃とぶどう)を買った店のCLASSICカー、50年前のコロナバン、桃の畑の中に置いてあった物をレストアして、見事復活した。エンジンはフォークリフトのパーツらしく今でも少しは出回っているらしい。エンジンの冷却ファンを電動のファンに変えたりして、いじりガイのある個体


Dsc00481


Dsc00482


Dsc00500


Dsc00501

 昼食を取るのに山梨市駅のほうへ行ってみた


Dsc00484


Dsc00486


Img_1371


Img_1370


Img_1369

 なんと駅の周りにはぶどう棚が有って、ふさふさとぶどうが実っている


Img_1367


Img_1368


Img_1372

 お店が開いていないのと、数が無い


Dsc00491

 纏 と言うお蕎麦屋さん。冷たいそばのセットを頂く。店の名前が読めない (仏語。まつわりつくもの。煩悩(ぼんのう)のこと)らしい

 で、駅に戻る途中の街の駅に有った、足湯に浸かった

Dsc00492


Dsc00493


Dsc00494


Img_1361

 で、こんなん書いていたら、外はすごい雨が降り出して、ベランダの洗濯物がびしょびしょ

2012年9月16日 (日)

山梨県 ほったらかしの湯でひとっぷろ浴びる

 電動ファンの調子もいいので、朝から山道で山梨の温泉へ

 奥多摩湖を抜けて、大菩薩ライン、柳沢峠を越えて山梨は塩山に入る

 
Dsc00379


Dsc00385

 青梅マラソンの折り返し地点、結構距離があるので、多分走れない

 青梅街道と吉野街道の合流点


Dsc00386

 小河内ダムに行く途中にもう一つマイナーな白丸ダムがある


Dsc00389


Img_1377

 で、こっちが小河内ダム


Dsc00400


Dsc00403


Dsc00411

 駐車場には、車好き、バイク好きのオフ会。ここには立ち寄らず先を急ぐとラーメンの旨い『のんきや』

 途中には色鮮やかな橋


Dsc00416


Dsc00417

 雨が降らないんで貯水量が少ない


Dsc00422

 そして、山梨県は丹波山村へ


Dsc00423


Dsc00425


Dsc00426

 チョーいい天気、青空


Dsc00430

 甲州市に入った

Dsc00432


Dsc00433

 柳沢峠を越えて、気温22度


Dsc00442

 ラジオで、中央自動車道下り線、相模湖から新宿まで渋滞って言っている

 左に曲がると、大菩薩峠。でも行かない、まっすぐ


Dsc00444

 塩山市街まで、9km。この先の道が結構面倒くさい


Dsc00445

 適当に曲がってみた。


Dsc00452

 案の定道に迷った


Dsc00454


Dsc00455

 春日井町駅。行き過ぎてる


Dsc00457

 見覚えのある、フルーツ公園入り口の信号を曲がって、もう少しで到着


Dsc00464

 で、到着。約1時間40分。中央道より速いよ


Dsc00465


Dsc00466

 雲が無ければ富士山がばっちり拝める露天風呂なんだけど

Dsc00467


Dsc00470


Dsc00473


Dsc00474

 駐車場の気温は、39度


Dsc00476


2012年9月10日 (月)

ラジエタークーリングファンがお亡くなりに・・・・


 お盆休みに奈良に快調なドライブをして1週間。オイル交換をしにVC国立まで行って来た

 エアコンの利きが悪いので、ついでに見てもらったら2本入ったとのこと

 オイルはキープ券があるので、ロックで2本もやった代金と工賃合わせて5,670円のお支払い

 電動ファンがカタカタ音がしていたので見てもらうと、軸がずれて中心でまわっていない様だ、とのことで交換するとざっと10万円也とのことでした

 オイル交換して少し遅くなったので、高速で帰還することにした

 圏央道あきる野で降りて下道に出た所でボンネットから異変が・・・

 リザーブタンクの辺りから白い煙がモクモクト立ち上がる

 なんか変だよ、あらら、取りあえず動かなくなっても良いように交通の少ないわき道に入って停車

 恐る恐るボンネットを開けて、のぞくと、あっという間におじいさんに! ならない

 リザーブタンクから吹きこぼれた跡が痛々しい

 電動ファンのモータからも狼煙が上がっている

 原因は非常に明確、車屋さんの手を煩わすことなく診断終了、このままでは走れません、不動車に

 取りあえず沸騰しているお湯を冷ますためにボンネットを半開にして、休憩に入ります

 1時間ほど待ってからリザーブタンクのキャップをゆっくりと緩めて少しずつ減圧していく

 やっとこさキャップ全開にしてタンクを見ると、液体の影が見えない状態

 アルプスのおいしい水2リッター入りを補充すると約1リッターの水が入った

 取りあえずお家に帰りたいので、エアコン止めてゆっくりと始動、エンジンをふかさず走り、駐車場までは無事に到着

 新品の購入も考えたけれど、立川市砂川のエーシーエスの在庫をネットで確認して、電話で注文

 ネットで見たのは96’の物だったけれど、用意してくれたのは、99’のもの。テーブルの上で通電テストをしてくれて、完動品の点検。予備知識も入れてくれる。電動ファンは、低速と高速の2スピードだそうで、通電も2パターンを確認

Dsc00282


Dsc00283


Dsc00284

 交換は、下側2本のビスを緩める。上側2本のビスを取り外す。これだけ

 工具はトルクスだけでOK。ただ、上の2本は簡単に外せるけれど、下側はラジエターの配管やスペースが狭くて手が入らなかったりで、ちょっと大変だけれど、ふた周りもすれば緩むので、少しだけ頑張る

 
Dsc00366

 手製のスロープに乗せて、JackUp無しで作業ちう


Dsc00367

 壊れた電動ファンを外した写真

 電動ファンを引き抜くときにアイドルバルブがぶつかって邪魔になったので、外した。これは工具無しで簡単に外せる

 後は、4本のトルクスビスを元に戻しておしまい

 さすがに試運転は慎重でした。たぶん次のドライブは普通に何のためらいも無く運転していると思う

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »