VOLVO Banner

Parking Open3

ブログ村

  • ブログ村
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 多摩青梅七福神めぐり2013 | トップページ | 冬の花火 »

2013年1月 6日 (日)

VOLVO 850 リアショック交換

 年末にフロントのショックは交換できたので、残りのリアを交換した

 まずは、荷室のフロアーを外す
 片側2個のボルトを取ってフロアーボードを手前に引っ張って取り外す
Dsc01400


 リアショックマウントが出てくる。マウントは密輸して有るので交換のつもりだったけれど異常が無いので今回はそのままにしておく
 マウント側のナットは、15mm。ここを回すと本体と供廻りをするので先端をペンチでつまんでメガネを回す
 下側のフレーム下にジャッキをかましておく
Dsc01407

 次にショック下側のナット、18mmを外す。下側にかましたジャッキを緩めていくとショックの上側が抜けるので、下側のボルトから抜き取る
 ジャッキを外して、スプリングを下方向に押してやると上側でスプリングを固定している部分が抜けてフリーの状態になる。下側を固定している皿状のナット15mmを外すとスプリングが取れる
Dsc01402

 下が今回入れるスプリング。少し短い
 バンプラバーがぼろぼろなんで交換したい
 取付けは、スプリング、ショックの順で付ければOK
 スプリング下側を固定している皿状の物は突起が出ていてスプリング受けの所に穴が開いていてはめ込む様に成っているので、位置を合わせてナットを抜けない程度回して仮固定する。締めこみすぎると自由が利かなくなるのでゆるいほうがいい
 次に、バンプラバーの受けの凹みとボディー側の固定部分の出っ張りをはめ込む。スプリング部分を持って引っ張り込むと手ではめ込むことが出来る。片手でスプリングを押さえて、ジャッキを下側から掛けてスプリングを少しつぶすまで利かせる。
 ショックをマウントの穴を狙って手探りで入れる。この状態でショックを下側のボルトに入れる。ここまで来れば後は3箇所のナットを締めれば終了
 男前の黄色いショックは上側ナットが17mmになっていて、中央はT30のトルクスが入るように成っていた。
Dsc01410

 ショック下側は、純正のナット下にワッシャーが入っていたのでそのまま流用して締めこんだ
 スプリング下の締め込みは突起がちゃんと出ているか確認して締めこむ
Dsc01409

 で、取付け完了
Dsc01413

Dsc01417

 取付け後のインプレッションはリアが下がりすぎ、フロントは交換前とあまり変わらない
Img_1895

 スプリング上側の突起のある受け皿とボディー(シャーシフレーム)の間にスペーサーを入れて調整する予定。受け皿は円形で直径150mm、フレーム部分は90mmくらいの幅。
 円形でも長方形でもいいので、20mm程度の厚さを入れる予定
Dsc01414

« 多摩青梅七福神めぐり2013 | トップページ | 冬の花火 »

VOLVO 855」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多摩青梅七福神めぐり2013 | トップページ | 冬の花火 »