VOLVO Banner

Parking Open3

ブログ村

  • ブログ村
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

2016 VOLVO850 年末最後のいじくり

 調達済みのパーツをサクサクと取付


Pc270001


 準備したパーツは、エンジンマウント トルクロットブッシュ、エアフロセンサー、オイルキャップのガスケット、オイルドレンのガスケット、オイルドレン以外は全部交換


Pc280005


 ゴム製のガスケットはプラスチックになっていた


Pc280006


Pc280007


 エアフロセンサーは2年ほど前だったと思うけれど、ある工場で交換してもらったけれど外見が変わっていなかったので、聞いたら中のパーツを交換したと言っていた


 聞いたことが無い修理方法、修理代金は新品が買える金額、パーツが有ったとしてもそんなめんどくさいことするかね。そんなことが有った工場との付き合いは縁を切った


Pc300014


 エンジン上部のトルクロットのバルクヘッド側(エンジンルームと運転席を隔てている壁)に取り付いているトルクロットブッシュ、黒い雨除けカバーを外して、ワイパーを外してやっと見えてくる奴


Pc300012


 ナットにCRC556を振りかけてしばし放置

 場所が狭いので、眼鏡を掛けてハンマーで叩いて緩めて


Pc300015


Pc300017


 当然のようにゴムの部分は、ブチぎれてる


Pc300018


 サクサクと交換して

Pc300022


 元に戻して、外したものも元に戻して約1時間

 雨除けの黒いカバーは、艶消しの黒で塗りたかったけれど寒いので止めた


 本年最後のいじり納め

2016年12月26日 (月)

隙間家具の製作

 洗面の洗濯機横の隙間家具を倒して壊してしまった

 同じ幅の物を探したけれど見つからない

 しからば造るしかないでしょ

 設計一か月、製作五か月、やっと年内に出来た


Dsc08695


 コンパネサイズの板をホームセンターで切り刻んで準備OK

Dsc08694

Dsc08693


 ペンキと小道具も用意して

Dsc08696_2


 8月の熱い中ペイント

Pa230007

Pa230006


 色が気に入らないので、塗り替えたのが10月


Pc230032


 各パーツを組み立て始めたのが12月23日


Pc230033


Pc230034


Pc250014


Pc250016


 移動可能にする為、下側にキャスターを取付ける

 Pc250018


 壊してしまった物に付いていたガラス扉は再利用して取付け

Pc250021

Pc250022


Pc250023


 で、定位置にセットして終了




2016年12月24日 (土)

避寒で部屋に入れた薔薇が咲いた

 ベランダに置くと確実に寒さでやられます。冬は部屋うちに避寒

 黄色いのと赤いのが一つづつ


Pc180016


Pc180018


Pc230027


 咲かせて良かったんだろうか

2016年12月12日 (月)

VOLVO850 リアブレーキキャリパー交換

 春先のパッド交換時に分かって居たキャリパーの引きずり

 重い腰を上げて交換

 現在付いているダメな奴を13のソケットでボルト2本外してスプリングに吊るす

Pc110027


 パッドはまだ使えるので転用、交換用のキャリパーにセットして取付ける

 オイルラインの盛替え前にブレーキフルードをタンクに満タンにする

 ワンマンブリーダーのホースを繋いでオイルラインを11のフレアレンチを使って外しーの
 取付ーのを超高速で目にも留まらぬ速さでやりたかったけれど取付のネジがうまくかみ

 合わなくて悪戦苦闘、コツは片手で押し込むようにしながら片手はフレアレンチを高速回

 転でねじ込む、ちょっと時間かかったけれど流出量は点滴のポタッ、ポタッ位の感じなの

 であまり焦らずじっくりと確実に締めこむことに専念する

Pc110030


 漏らしたのは真ん中の分だけ、始める前にタンクを満タンにした分量ぐらい

 フレアナットを確実に締めこんで、エア抜き用のバルブ(ホース繋ぎ済み)を9mmの

 スパナで緩める

 タンクをもう一度満タンにして、エンジンは掛けないでブレーキペダル10回踏む

 Pc110029


 エア抜き側のフルードの出を確認する、タンクのフルードをつぎ足すの繰り返し

 Pc110034


 今日はこの位にしといてやるか、で、エア抜き用のバルブを締めてブリーダーホースを外す

 パーツクリーナーを掛けて、周囲のオイルを洗浄して、締めこみ部分のオイル漏れを確認

 フルードタンク内の油量を確認、問題ないので作業終了

 春先の夏タイヤ交換時にローターとパットを一緒に替える予定

 

2016年12月 4日 (日)

VOLVO850 2016冬タイヤ交換

 3シーズン使ったタイヤ、この春に夏タイヤ交換の際、釘が刺さっているのも見てしまっていたので新規購入

 最近は、夏用も冬用も PIRELLI 乗りなれた車に履きなれたタイヤがいい


Pb270240


Pb270238


Pb270243


 2016年22週製、205 / 55  R16 91Q  5月後半の製造、経年劣化を考えると購入年製がいいかな

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »