VOLVO Banner

Parking Open3

ブログ村

  • ブログ村
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« X-TRAIL T30 ドアストッパー交換 | トップページ | X-TRAIL T30 オイル交換からのリコール修理 »

2018年11月 4日 (日)

アルミテープチューニング

 車を降りる時に静電気がひどいので対策グッズを探していたら

トヨタのアルミテープチューニングに寄り道

そこで買いあさったテープを色々と

Pa280007



Pb030011


 この2つはホームセンターで購入

厚手のは、薄手のアルミ板と言う感じで扱いやすい

耐熱のテープは煙突やマフラーの補修用で250度までの使用が可能

これらのテープはシール部分に導電性が無いので小細工をして使う

Pa280002

 50mm幅のテープに2cm置きに2cmの奥行きのスリットを入れ折り返す

 これで接着面からテープ表面に電気の流れを作れる

Pb040001

Pb040004

Pb040006

 で、色々と貼って効果を期待する

 もう1種類シールの粘着部分から導電するタイプ、お高いです

Pb010003

 3Mの製品、切って貼るだけなんで狭い場所に貼るのが

 エンジンルーム内の樹脂部分、ヒューズボックス、リレーボックスに適当に

 後は、サイドバイザーの内側や屋根の上に綺麗に貼ってみました

 インプレッションは2,000回転前後のアクセルワークがスムーズに成ったこと

 その上の回転域もぎこちなさは無くなった

 

 静電気の方は放電テープと静電気対策のベルト(電取ベルト)をシートに取付けて

 大分軽減された

 放電テープは車を降りる時に触る位置に貼り付け

Pa280005

Pa280006



 

« X-TRAIL T30 ドアストッパー交換 | トップページ | X-TRAIL T30 オイル交換からのリコール修理 »

エクストレイルT30」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルミテープチューニング:

« X-TRAIL T30 ドアストッパー交換 | トップページ | X-TRAIL T30 オイル交換からのリコール修理 »