VOLVO Banner

Parking Open3

ブログ村

  • ブログ村
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月24日 (月)

X-TRAIL T30 松本でモーニング

 久しぶりの松本

Pc230016

 いつもの『あぜ道』でmorningset

Pc230018

Pc230019

 ゆで卵付、バターとジャム、ホットコーヒーで 450円

 松本の散策はいつものコース、まずは旧開智学校

Pc230034

Pc230032

Pc230027

Pc230023

Pc230035

 犬の散歩

Pc230109

 はは、普通にヤギの散歩

Pc230077

 国宝 松本城 

Pc230086

 どでかい門松で正月の準備万端

Pc230060

Pc230047

Pc230080

Pc230094

Pc230100

 太鼓門にもお正月の準備が有った

 中央道で松本まで来たので帰りは長野、上田、小諸、高崎を下道で回って

 17号線に入って南下、だんだん渋滞してきたので本庄児玉から高速にon

 朝6:00に家を出て、18:00に戻れた











 

2018年12月22日 (土)

X-TRAIL T30 アーシング

 静電気のひどさから、静電気防止やらアルミテープチューニングやら

 色々やって、ちょっと前にバッテリー交換した時に見たマイナス端子

 ボーディーからの1本だけ

 直接端子に繋がっているコードは無い

 そこで、アーシングをすることに

Pc220015

 左右のフェンダーに繋がっているアース線部、エンジンマウント部、バッテリーマイナス端子に繋がっているフェンダー部の4カ所

 バルクヘッド部分にも繋げたいけれど接続部分を検討ちう

 使った材料は、アーシング線が14sq、エンジンヘッドのボルトM8、他はM6

Pc130004

Pc130003

 圧着端子、フェライトコア(ノイズ対策)、端子台を用意していざ取付

Pc150001

 手持ちの圧着工具は14sqまで使用できる、被覆を剥いて端子を取付

 エンジンマウントはバルクヘッド側の中央部分手で探ってM8ボルトで締め付け

Pc150002

 ボディーアース取付部は塗装を剥がして端子を取付ける

Pc220014_new

 削った所にはカッパーグリスを塗って、周囲はコーキング

Pc220018

Pc220016

 マイナス端子のボディー側端子裏もサンダーで一皮むいた

Pc220012

 左側フェンダー部の端子取付部はエアダクトが邪魔してボルトが外せない

 何気にバッテリーを降ろしたらダクトを固定してるボルトが見えた

 これを外したら簡単にダクトが外せた

 手探りで色々弄るのは面倒だけれど、解明できると楽しい





 

2018年12月 9日 (日)

X-TRAIL T30 冬タイヤへ交換

 ジャッキポイントを探りながら交換

 交換後のホイールは18インチ

Pc080077

Pc080078

 

 フロントは前から突っ込んでジャッキ下に木をカマセてコキコキ

Pc080031

 ちなみにVOLVOで使っていたもので4駆用では無いので揚げ代が足りなかった

Pc080042

 リアはマフラーがあって突っ込むのが面倒だったので普通にサイドから

 こちらは夏タイヤ状態

Pc080023

Pc080024

 後は、先日交換したドラシャブーツの状態確認

 そして、ブレーキパッドはフロント4mm、リア7mmと言うことで早速前後合わせてポチッと


 

2018年12月 3日 (月)

X-TRAIL T30 バッテリー交換

 バッテリーcheckで要交換となっていた

 特に不具合は無かったけれど、予防的処置で交換することに

 付いていたのは 85D23L 交換したのは 95D23L

 使い慣れたBOSCHを選択してネットでポチッた

Pc020010

Pc020009

 バッテリーを固定しているステーの出が長いのでボックスが使えない

 スパナサイズは10で、緩めやすい上側のナットだけを緩めれば外れる

 端子はマイナス側から外して、最後にプラス側を外す

Pc020013

 端子の取付はプラスを取付、最後にマイナスを付けて完了

 取り付け後の電圧は、13.8V で問題なし

Pc020014







 

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »