VOLVO Banner

Parking Open3

ブログ村

  • ブログ村
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« X-TRAIL T-30 タイロッドエンドブーツ交換 パーツ 工具編 | トップページ | X-TRAIL T-30 タイロッドエンドブーツ交換後のインプレッション »

2019年12月17日 (火)

X-TRAIL T-30 タイロッドエンドブーツ交換 実践編

 見つけたヒビヒビ状態。

Pc140002

 いつパックリ逝ってもいいような状態だと素人が見ても判ります。

 準備した工具類を使って交換作業を始める。今回はフロントのタイヤ2本とも外しての作業。
Pc150044

 ブーツ下のナットと割りピン。ナットは22mmのソケットが必要。
Pc140004

 ナットをボルト頭まで緩めて、プーラーを取付ける。
 ブーツ下にハンマーで叩きこまないと奥まで入らない。
Pc150014

 プーラーに付いてるボルトを回して、こんなもんかなーと言うところで、プーラーをハンマーで叩く。
 ばこっと言う音と共にテーパーが掛かっているタイロッドエンドのボルトが抜ける。
 この時、左手でプーラーを持っていると外れて落ちない。

 ヒビヒビのブーツは圧入されているのではまり込んでいる。
 先の細いマイナスドライバーをハンマーで叩きこんですき間を作ってこじって外す。
Pc150019

 これで分解完了。ボルト部分のテーパーが良くわかる。
 古いグリスと周りに付いた汚れを綺麗にふき取る。
 ボルトテーパ部分とロアアームの受け側部分をパーツクリーナーで油分を除去する。
 ここにグリスを付けてしまうと締め付け時に供回りしてしまう。と思う。
Pc150023

 よくあるパターンの新旧比較。
Pc150021

 で、在庫品のモリブデングリス。
 軸受用のグリスなので問題ないと思うが、ネットの1部で微粒子が研磨作用を起こすのでよくない。
 と言う記述を見つけたが、多分何百年も使わないんで問題ないと思う。
Pc150027

 チューブから出すと硬めのピーナッツクリーム(色的に)みたいな感じ。
 指先に取って詰め込む感じでこすり付ける。
Pc150029

 はみ出したものは綺麗に拭き取って、ブーツを圧入する。
Pc150030

 と、思ったら手で押したらスルスル入ってしまい、えーーーーんかい、と思った。えーンとちゃう。

 ナットも奥まで手で回して収まった。せっかく買ったレンチで締め付け。
 せっかく買ったソケットをドリルにセットして、回して増し締め完了。
Pc150031

 後は割りピンを挿して、割ってボルトになじませて終わり。
Pc150035

 ジャッキアップとタイヤの取外しの方が時間が掛かった。
 左右の交換完了まで、2時間。
 4本のタイヤ交換と変わらない。
 
 んんんんんー。終わってみれば簡単な作業だった。
































« X-TRAIL T-30 タイロッドエンドブーツ交換 パーツ 工具編 | トップページ | X-TRAIL T-30 タイロッドエンドブーツ交換後のインプレッション »

エクストレイルT30」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« X-TRAIL T-30 タイロッドエンドブーツ交換 パーツ 工具編 | トップページ | X-TRAIL T-30 タイロッドエンドブーツ交換後のインプレッション »