VOLVO Banner

Parking Open3

ブログ村

  • 日産
  • ブログ村
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« X-TRAIL T-30 ユーザー車検 | トップページ | X-TRAIL T-30 ステアリング革染めでリニューアル »

2020年7月31日 (金)

X-TRAIL T-30 pivot 取付

 低域帯のもたつき改善のためスロコンを取付。ついでにオートクルーズ付き。

P7290003

 アクセルとブレーキからの信号は専用カプラーで対応。

 車速とリバース信号はカーナビの配線に割り込んで取る。

 アースはポイントが有るのでそこに接続。

 内装バラシは、メーターカバー、エアコンユニット部カバー、右側スピカーカバーは手前に引いて外す。

 真正面の小物入れは左右のビス4本を外してから手前を真上にこじって外す。


P7290005 P7290006 P7290008   

 車速とリバース信号をカ-ナビ配線から割り込み取り出し。

P7290012 P7290011

 アクセルの上に付いているカプラーに専用ハーネスを割り込ませる。

 足元の狭い場所の上、カプラーに車両のハーネスの束が被っていて外しずらい。

P7290017

 ブレーキのカプラーもブレーキペダルの真上、外してハーネスを割り込ませる。


P7290019

 本体ユニットは、運転席右下のヒューズボックスの上にタイラップで固定。

 ユニットへアクセル、オートクルーズ、コントローラー、ブレーキ・車速・リバース等の

 各カプラーを差し込んで準備完了。

P7290022

 オートクルーズのスイッチは、ハンドル調整レバーの裏側に取付け。

P7290026 P7290027

 取説の手順で初期設定をして、問題なく設置完了。

 日常の使用は、レスポンスモードのレベル4で低域の吹き上がりを期待する。

 タダでさえ燃費が悪いんで、日常はスポーツモードは無理。














« X-TRAIL T-30 ユーザー車検 | トップページ | X-TRAIL T-30 ステアリング革染めでリニューアル »

エクストレイルT30」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« X-TRAIL T-30 ユーザー車検 | トップページ | X-TRAIL T-30 ステアリング革染めでリニューアル »