VOLVO Banner

Parking Open3

ブログ村

  • 日産
  • ブログ村
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2020年7月 | トップページ

2020年8月

2020年8月27日 (木)

X-TRAIL T-30 プラグ交換

 エンジンのかかりが悪い。一発で掛からない。原因は何?

 車検の時に交換するつもりで購入済みのイリジウムプラグを交換してみるか と。

 重い腰を上げる。  インタークーラー外すのめんどくさそう。

 カバーはボルト4本で簡単に外れる。

 インタークーラー自体もボルトは4本で外れるけど、インとアウトのエアパイプが・・・

 と言うことで努力してみます。

 カバーを外して、外すべきパイプ類を見てみる。

P8250003 P8250001

 一番手前のターボからのパイプはやりくりが出来ないので、インタークーラー自体を抜く方向にずらす。

 右側の太いのやら細いのやらいっぱい付いているのは・・・面倒くさそう。

 で、スロットルに行ってる一番太いやつはバンドだけ緩めて、抜かない作戦で。

P8260009 P8260012

 もう少し起こせばプラグレンチの作業スペースが確保できる。

 ヘッドカバーを六角で外せば目的地に到達。

P8260010 P8260013

 イグニッションコイルはそれぞれボルト1本で固定されているので外す。

 ドライバーを下に入れて反対側を指でこじればスッポンと抜ける。

P8260016 P8260018

 レンチを入れて1本ずつ取替える。

 並べてみるとかなりちびっているのが判る。これが始動が悪い原因なのでしょうか。

 新しいプラグはNGKの取説で回転法で締め付けます。

 レンチで絞め込んで行って、ガスケットが取付座に当たってから

 約 1/2~2/3 回転で完了。 1/2 回転を目標に締めて最大値を 2/3 回転までと決めて締める。

P8260019_20200826122801 P8260020_20200826122801 P8260021

 締め込んで行って抵抗が出たら取っ手の向きに合わせてテープを張って基準位置を出した。

 そこから 1/2 回転で硬くなるところまで回す。最大でも 2/3 回転位置まで。

 すべて自己責任での操作です。ハイ。

 あとは、外したり緩めたりした所を全て戻して完了。

P8260048 P8260049

 昨日まで頑張っていた、プラグ達。お疲れさんした。























 

2020年8月24日 (月)

X-TRAIL T-30 ラジエター交換

 以前からクーラントはちょこちょこ補充していたけれど漏れ箇所を真剣に探していなかった。

 20日の会社帰りに漏れているのはここだよと言わんばかりに一気に噴き出してくれたので、悪いところが判明。

 と同時にお亡くなりになりましたので、交換の運びとなりました。

 ネットで探したラジエター、送料込みで ¥33,400円 注文翌日に到着。

 クーラントは希釈済みのやつでちょうどいい容量が無かったので 5L 2本 ¥5,676円

 ラジエターマウントラバーの上下は買い置きの在庫。

P8230012 P8230024 P8230023 P8230019

 クーラントを入れる時の漏斗は、ペットボトルを切ったもの。

P8230020

 作業はアンダーカバーの外しから。このカバー折れ線から下に垂れ下がるのでジャッキアップが必要。

 面倒なので、パイプでバケツに流し込んだ。

P8230026 P8230033 P8230039

 天気予報が雨模様なので午前中には終わらせたい。よって、余計な道具は使わない。

 次にマウントのアッパーと配管の取外し。

P8230040 P8230041 P8230042

 バンドをずらしてマイナスドライバーでコキコキしてやっと外せた。これって入れるの大変そう。

 ラジエターを取り外した状態。

 P8230051 P8230052

 すっきりしていて、嫌いじゃない状態。でも、走れません。

 マウントのラバー。

P8230050

 ぼっかれたラジエターから電動ファンを外す。上側に2本ビスで止まってるだけ。

P8230053 P8230054 P8230055

 ロアのパイプは上から手を突っ込んでできるので、ファンは後からつける。

P8230058 P8230059

 上側のアッパーとリザーブタンクからの配管取り付け。

P8230062 P8230061

 電動ファンを戻す。右側のマウントは、先に付けると入らない。

 クーラントは取りあえず満タンになるまで入れる。

P8230066 P8230068

 本体満タン、リザーブタンクMAXラインちょっと下。

 エア抜きの為、エンジンを掛けて様子見るも変化なし。

 ガソリンを入れに行って帰ってきても変化なし。入ったのは3.5L位?

 初めてやったラジエター交換。ぽん付けでした。2時間15分で終了。

 ダメな奴の状況。

P8230072 P8230073

 クーラントダレダレ状態。













































 

2020年8月15日 (土)

X-TRAIL T-30 ステアリング革染め最終仕上げ

 クラフト染料の黒 → レザーコート → レザーケアフォーム と仕上げてみたけれどべた付きが残る。

 レザーケアフォームに配合されている天然カルナバ蝋をより定着するために ブラッシングとひらめいた。

P8140003

 靴磨き用の馬毛のブラシ、磨き用のクロス、そして色落ち防止のおフランス製の Stop Color 。

 高速でシュッシュして、100均で購入の靴みがきクロスで仕上げた。

 べた付きはかなり無くなったけれど完璧を目指し、靴の内側・スエード用の色落ち・色移り防止スプレー。

 結果は、求めた仕上がりに成った。当然濡れ雑巾で拭いても色落ちも無し。

 反省点は一番最初の下地処理をもっとしっかりして、ハンドル全体の塗装を落とすべきだった。

 最後にもう一度使った材料。

P8140002



2020年8月 9日 (日)

X-TRAIL T-30 ステアリング革染めでリニューアル

 雑巾でゴシゴシしていたら禿げた。

P8160057 P8160058 P8160059

 濡れた雑巾で拭くといつまでも黒く汚れてきりがない。

 ハンドルを握って見える範囲がグレーになってしまいぼろ隠しでハンドルカバーを付けていた。

 ここにきて経年劣化か、べとついてきたので重い腰を上げて完全復活を追求した。

P8080010

 中途半端に剥げているので、ペーパーでコートの残っている部分をやさしく削る。

 取説によると革は濡れていた方がいいみたいなので、雑巾で粉分をふき取って染色用のクラフト染料。

 単純に刷毛でぬりぬりするだけ。夜駐車場に止めて縫ってを3回ほどやってみた。

 酸っぱいにおいがして大丈夫かと思ったけれど作業続行。

 あまり綺麗に濡れなかったけれど色落ちを防止するレザーコートを刷毛で塗るときれいな光沢。

 調子に乗って厚塗りをしたら気泡が付いて肌荒れ状態になった。

 

P8050005

 匂いは収まったけれどざらつきとねっとり感が残ったので1000番のペパーを当てた。

 レザーコートを薄く塗って仕上げるつもりだったけれど、以前850の革シートに使ったレザーケアフォーム発見。

 シュアラスター社製の天然カルナバ蝋配合の良さそうなもの。

 布に吹き付けてハンドルに刷り込んで少々放置。乾いた布で磨き上げる。これを2回やって完成。

P8080001 P8080009 P8080002

 マックロクロスケに仕上がり満足。べた付きも無し。














 

« 2020年7月 | トップページ