VOLVO Banner

Parking Open3

ブログ村

  • ブログ村

心に残る仕事

2009年11月17日 (火)

日産スタジアム

 横浜F・マリノスのホーム。
 1996年に関った工事で、メインスタンド・バックスタンド・サイドスタンドx2で4工区に分割されそれぞれにゼネコンが担当していた。
 鶴見川流域の多目的遊水池上に横浜市が作った施設で、大雨が降ると地上面には川の水が流れ込む。建設中にも鯉が泳ぐ姿が見れた。
 コンクリート製の柱や段床部(階段状のイスが並ぶところ)はプレキャストで工場で作ったものをトラックで運んできてクレーンで取り付けていく施工方法。(大きなプラモデル状態)
 施工した部分は大屋根の鉄骨パイプで出来たトラス状の梁とその間を埋めるやはりトラス状の屋根を受ける部分。
 緑色の鉄骨は仮設材で各材料のボルトが締め付けられるまでの間、形状を保持している。
 4工区共施工をしたので、各工区同時に作業した。一度クレーンで吊り上げて取り付け作業を始めると途中で止める訳にはいかないので、360度の夜景を花火で楽しんだことも度々有った。
 メインのクレーンは450Ton。競技場の外周と内部から吊り上げ作業をした。

Img074

Img079

Img004

Img031

Img030

Img071

2009年11月13日 (金)

レベルファイブスタジアム

 アビスパ福岡のホーム。1994年に屋根部分の鉄骨組立で仕事をした。福岡空港の東側。
 屋根の先端部分にキールトラスと言う鉄骨をアーチ状に組み立て、そこに向かって屋根を受けるパイプを組んだやはりトラスを取付けた。山の上の仕事と違って、トラックに積んでこれる最大の大きさの部材を地組と言って地面の上である程度の大きさに組み立ててから上空にクレーンで持ち上げ組み立てていく。地組で組み立てる大きさ(重さ)によってクレーンの最大吊荷重のスペックを変える。高いところでの作業は墜落するリスクがある。なるべく避けたい作業かもしれないが、コストパフォーマンスを考えながら地組部材の大きさとクレーンの大きさを決める。これは工期にも関わってくる。人、物、機械のバランスを取って最小のコストで、最大の成果を上げる。と言うことを考える人が元請さん、自分らは工程に乗っかって安全に鉄骨を組み立てる。安全管理は非常にうるさい。

キールトラスの地組

Img043_2

クレーンで吊り上げ(揚重)

Img044

揚重

Img039_2

出来上がってきた

Img048_2

同じ屋根をメインとバックに建てた

Img049_2

その他のカテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ